×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハムスターと暮らす方法

いろいろ悩んだんですが・・・
彼らと暮らしていく方法を載せることにしました。
本当は、飼育書などを熟読してほしいので、あくまで
補足的に載せていくつもりです。

彼らを迎える準備

まず、必要なものをピックアップしてみましょう。

1、ケージ
2、餌
3、給水ボトル
4、回し車
5、家
6、床材
7、トイレ

 っと、まぁこんなもんです。
全部そろえると3000〜10000くらいで買えるはずです。

ケージについて

ケージは大きく分けて2タイプあります。
まずは金網ケージ。
一般的にハムスター用に売られているのはこれです。
次に水槽タイプ(衣装ケース含む)
これは爬虫類用や普通の水槽、衣装ケース改造などがあります。

金網ケージを選ぶなら
1、金網に塗装がされていないものを選びます。
 ハムスターはよくケージをかむので、剥がれた塗装を食べると危険ですし、
はげたところから錆びていくのでとても衛生的によくありません。

2、網目が縦のものを選びます。
 彼らは脱走したくてよくケージに登ります。
でも、彼らは上ることに慣れていません。
また、うんてい姿が可愛いvとか言いますが、彼らには命がけです。
落ちて下手したら大怪我します。
できる限りやらせないようにしましょう。

3、高さより床面積の広いものを。
 ハムスターは活動量が大きいです。
なので、できるだけ広いケージを用意します。
二階建てとか見た目はすごそうですが、落ちたら大怪我じゃすみません。
見た目より彼らに優しいものを!が基本です。
一般で売られているものはジャンガリアン用が主なので、ゴールデンの
場合は店員さんにゴールデン用のものがないか聞きましょう。

4、掃除が楽vなすのこ系ははずしましょう。
 よく、ウンチが下におちて掃除が楽vと、床部分にすのこっていうか網が
敷いてあるものがありますが、足をはさむなど怪我をしやすいです。
ついていたらはずしましょう。



水槽タイプを選ぶなら

1、30×60位の大型水槽にしましょう。
 先ほども述べたように彼らはできるだけ広いところが望ましいです。
狭いとストレスがたまります。
また、ゴールデンなら、広ければ散歩が必要ないときもあります。

2、衣装ケースを改造
 これが安上がりです。(道具があれば)
管理者はこれを使っています。必死で作りました。
作り方を紹介しているHPのアドを載せるのでぜひ参考にしてみてください。
             →リンク→ハムスターサイト様→はむハム7丁目

3、重いので、掃除が大変です。
 これは覚悟がいりますね。でも、ハムのためなら管理者は水槽タイプを
薦めます!だって怪我の要因がすごく少ないから。

季節でケージを変える

どちらのタイプもそれぞれデメリットがあります。

金網ケージ
 怪我をしやすい、寒さの影響をすごく受ける、床材が散らかる
水槽タイプ
 湿気がこもりやすい、掃除が大変

なので、管理者は季節で使い分けてます。
春、秋、冬は水槽タイプ
 寒さをある程度防いでくれますし、怪我が少ない!
梅雨、夏は金網ケージ
 通気性がいい!!
という感じに。